メタップス、人工知能を用いたEC向け自動販促ツール 「SPIKEオートメーション」の提供を開始 〜人工知能がECサイト内のユーザの行動を学習し、最適なタイミングで最適な販促を実現〜

オンライン決済プラットフォーム「SPIKE」を提供するメタップス(所在地:東京都新宿区、代表:佐藤航陽)は、人工知能がECサイト内のユーザ行動を学習し、購買率や継続率を最大化する新サービス「SPIKEオートメーション」の提供を開始しました。

◆「SPIKEオートメーション」について
https://spike.cc/automation

 

これまでのECサイト運営では、訪問したユーザの多くが離脱してしまい、マーケティング上の非効率が発生していました。昨今では、スマートフォンからのアクセスが増加したことで、さらにその傾向が強まっています。

「SPIKE」では、これまで10万を超える事業者に対して決済を提供し、購買の分析を行ってきました。そのノウハウを活かし、顧客のECサイトに訪問したユーザの行動を人工知能がリアルタイムで分析し、最適なタイミングで最適なユーザに販促施策を実施します。

【「SPIKEオートメーション」利用方法 】
 1)サイト内にタグを設置
 2)システムがユーザの行動パターンを学習
 3)最適なタイミングで最適なユーザに販促を実施
 4)繰り返し成果を検証し精度を向上

行動パターンからユーザをいくつかのグループに自動分類し、最適なグループに最適なタイミングで割引クーポンやポイントなどを付与することで、購買率を最大化します。ECサイト運営者はサイトにタグを設置するだけで簡単にサービスを開始することができます。

サイト運営者にとって、新しいマーケティングサービス導入時の難点は、運用負荷が増大することにあります。しかし「SPIKEオートメーション」では、どのようなクーポンを誰に提示するのかといった初期導入作業や、運用開始後のPDCAサイクルをまわす運用フローをすべて「SPIKE」側で解析し最適化するため、運用コストをかけることなくコンバージョン率を改善することができます。

当社では、決済プラットフォーム「SPIKE」とアプリ収益化プラットフォーム「metaps」の2つのプロダクトで培った分析技術およびマーケティングノウハウを活かし、ECサイトの集客から決済・接客までワンストップで支援していきます。

◆「SPIKE」について
https://spike.cc/
「SPIKE」は、最短1分、専門知識不要でリンクを設置するだけで利用できるオンライン販売・決済サービスです。ECサイトに数行のコードを実装するだけで、カード決済が導入できるAPIも提供しており、中~大規模ECサイトにも対応しています。
初期費用・月額・決済手数料が月間決済額100万円まで無料の「フリープラン」と、月額3,000円で決済手数料2.55%~で利用できる「ビジネスプレミアム」の2つのプランを用意しています。

 

◆株式会社メタップスについて
アプリの集客・分析・収益化をワンストップで支援する開発者向けプラットフォーム「metaps(メタップス)」と、オンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」を提供しています。メタップスは『コンピュータにあらゆるデータを学習させ、人々の最適な意思決定を支える頭脳になる』ことを目指し、世界8拠点で事業を展開するグローバルカンパニーです。