メタップス、スマホECサイトの広告配信とサイト内販促を同時に行う 「SPIKEエンゲージメントアド」の提供を開始

オンライン決済プラットフォーム「SPIKE(スパイク)」を提供するメタップス(所在地:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽)は、スマートフォンECサイト向けにサイト外で集客をする広告配信と、サイト内での離脱率を下げる販促を同時に行うことで広告効果を最大化する「SPIKEエンゲージメントアド」の提供を開始しました。  


従来のWebにおける広告配信では、サイトへの集客や認知度向上には効果がありましたが、集客後のサイト内での離脱率を改善することはできませんでした。特にEC事業者にとって、スマホでの訪問が増えるにつれて、PCと比較してスマホのコンバージョン率が低いことが、非常に大きな課題となっております。

「SPIKEエンゲージメントアド」では、流入元の広告情報と、サイト内の行動を一連の動きとして把握することで、クリックした広告とサイト内でのユーザ行動を一体で解析します。例えば、どの商品の広告を見たのか、流入チャネルはどこなのかという情報と、サイト内でどの商品を閲覧したのか、何度目の訪問なのか、という行動パターンを一体で解析します。
そこからユーザをいくつかのグループに自動分類し、最適なグループに最適なタイミングで割引クーポンやポイントなどを付与することで、従来と同じ広告予算でコンバージョン率を増加させ、CPAを下げることが可能となります。


「SPIKEエンゲージメントアド」は、サイト内に簡単なタグを埋め込むだけで導入できます。その後の広告配信、オファー作成など運用開始後のPDCAをまわす作業の全てをSPIKE側で解析し最適化するため、EC事業者は運用コストをかけることなくコンバージョン率を改善することができます。


  メタップスでは、決済プラットフォーム「SPIKE」とアプリ収益化プラットフォーム「metaps」の2つのプロダクトで培った分析技術およびマーケティングのノウハウを活かし、ECサイトの集客から決済・接客までワンストップの支援を加速していきます。

 

◆「SPIKE」について
https://spike.cc/
「SPIKE」は、最短1分、専門知識不要でリンクを設置するだけで利用できるオンライン販売・決済サービスです。ECサイトに数行のコードを実装するだけで、カード決済が導入できるAPIも提供しており、中~大規模ECサイトにも対応しています。

初期費用・月額・決済手数料が月間決済額100万円まで無料の「フリープラン」と、月額3,000円で決済手数料2.55%~で利用できる「ビジネスプレミアム」の2つのプランを用意しています。