メタップス、ビカム株式会社の子会社化のお知らせ 〜ECにおける決済からマーケティングまでをトータルで支援できる体制を強化〜

 

 株式会社メタップスは、平成28年6月28日開催の取締役会において、以下のとおり、ビカム株式会社(本社:東京都目黒区、代表者:小野 良一、以下「ビカム社」)の株式取得、及び完全子会社化を決定いたしましたのでお知らせいたします。

 メタップスが展開するオンライン決済プラットフォーム「SPIKE(スパイク)」は「テクノロジーでお金のあり方を変える」をミッションに、EC事業者様への包括的なサポートを目的とし、決済、EC支援コンサルティング、電子マネーなど様々なサービスを提供しております。2016年4月にはペイデザイン株式会社を子会社化し、登録アカウント数25万件・グループ年間取扱高1,000億円を超える決済プラットフォームへと拡大し、現在も成長を続けております。

 ビカム社は、EC事業者の自社の商品データを各広告配信先の仕様に最適化する「データフィードマネジメント」技術を保有しており、EC事業者のマーケティングを支援しております。「データフィードマネジメント」技術を活用することで、EC事業者はデバイスを横断した商品データの一元管理や最適な広告配信、オペレーション管理コストの削減をすることが可能になります。同サービスの累計導入実績は大手のEC事業者を中心に200社を超え堅調に事業を拡大し、成長を遂げています。

 昨今、メタップスグループ、および子会社であるペイデザイン株式会社、そしてビカム社が属するeコマース市場は、加速度的に拡大が見込まれる成長市場である一方、マーケティングを行う企業にとっては、デバイスの多様化と消費者の行動変化にあわせたコンテンツ管理や広告配信が必要となり、業務の煩雑化が課題となっています。

 今後は、両社の連携によりEC事業者の決済からマーケティングまでをトータルで支援できる体制の強化を推進してまいります。また、同技術のeコマース以外への対応業種拡張、グローバル展開、チャットボットへの応用などを視野に入れ、さらなる事業の発展や顧客満足の向上を目指してまいります。

 

【会社概要】
(1) 名称    ビカム株式会社
(2) 所在地   東京都目黒区
(3) 代表者   小野 良一
(4) 事業内容  ショッピング検索サイトの運営、データフィード技術の提供
(5) 資本金   1億円
(6) 設立年月日 平成17年9月7日

※ショッピング検索サイト「Become Japan」 http://www.become.co.jp/



なお、詳細につきましては、IRページをご覧ください。
URL:http://corp.metaps.com/ir/

 

【本件のお問い合わせ先】 ————————————————————
株式会社メタップス 経営企画部
担当:鈴木 聡子
Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

◆ 株式会社メタップス
スマートフォンの集客・分析・収益化をワンストップで支援する開発者向けプラットフォーム「metaps(メタップス)」と、オンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」を提供しています。メタップスは『コンピュータにあらゆるデータを学習させ、人々の最適な意思決定を支える頭脳になる』ことを目指し、世界8拠点で事業を展開するグローバルカンパニーです。