メタップス、台湾で越境EC向けマーケティング支援サービス開始 〜越境EC参入企業のサポート強化、広告の費用対効果を最適化〜

 株式会社メタップスは、台湾スマートフォンユーザをターゲットにした越境EC向けマーケティング支援 を7月より開始いたします。

 先日、台湾のインターネットの利用率が日・韓・中国大陸を上回ったとドイツの市場調査会社「GfK Connected Consumer Index」2016年により発表されました。

現在、台湾ではインターネットの急速な普及により、多様なモバイル機器や新しいアプリケーションが広まり、スマートフォンの利用人口は急速な増加傾向にあります。これらの背景から、台湾国内のEC市場は2015年には1兆台湾元(日本円で約4兆円)規模まで成長を遂げており、今後も高い水準での市場成長を見込んでいます。また、昨今、台湾の消費者が日本の「医薬品」「化粧品」「アパレル・ファッション」 に強い興味・購入意思をもっていることから、越境EC(インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引)への期待が高まっています。

 メタップスでは、2013年から台湾での事業を展開し、現地に根付いたスマートフォンアプリのマーケティングノウハウを蓄積、ネットワークを拡大してまいりました。また世界8拠点に事業展開する幅広いネットワークを活かしたグローバル取引実績を有しております。

 こうした背景から、越境ECに取り組む日本企業に対し、台湾向けのスマートフォンをターゲットとしたマーケティング支援サービスの提供を開始いたします。成果報酬型広告の運用に加え、機会最大化のために、運用型広告を利用したリマーケティングや、ウェブ接客の知見を生かし、コンバージョンに至までのセールスファンネルを統合し、一気通貫したサポートを実現いたします。商品やサービスに興味・関心度の高い閲覧者を誘導し、広告費用対効果の最適化を目指してまいります。

 

 今後も世界8拠点での事業展開のノウハウと幅広いネットワークを活かし、顧客ニーズに合わせた機能・サービスの拡充を図り、データを活用したスマートフォン時代に最適なプロモーションを支援してまいります。

 

【会社概要】
会社名:株式会社メタップス
代表者:佐藤 航陽
所在地:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー 30F

スマートフォンの集客・分析・収益化をワンストップで支援する開発者向けプラットフォーム「metaps(メタップス)」と、オンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」を提供しています。メタップスは『コンピュータにあらゆるデータを学習させ、人々の最適な意思決定を支える頭脳になる』ことを目指し、世界8拠点で事業を展開するグローバルカンパニーです。


【本件のお問い合わせ先】 ————————————————————
株式会社メタップス 経営企画部
担当:鈴木 聡子
Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。