メタップス、ニチガス子会社「雲の宇宙船」への出資 〜ICTやAI技術を活用した 先進的・画期的な総合エネルギープラットフォームの構築を目指す〜

 株式会社メタップス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽、以下、「メタップス」)はプロパンガスの小売で関東最大の顧客数を誇る大手ガス事業者である日本瓦斯株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 眞治、以下「ニチガス」)の子会社である、株式会社雲の宇宙船(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柏谷 邦彦、以下、「雲の宇宙船」)の普通株式250株(株式持分25%)を取得したことをお知らせします。そして、新たに雲の宇宙船に、社外取締役として荻原充彦(株式会社SPIKEペイメント代表)が就任いたします。

 また、平成28年9月7日に発表した、メタップスとニチガスの資本業務提携に基づき、ニチガスはメタップスの普通株式607,000株(株式持分4.71%)を取得し、メタップスの第3位株主となったことをお知らせいたします。

 このたびの出資は、ニチガスが持つ顧客基盤との豊富なネットワークが、メタップスが手がけるマーケティング事業の領域と高い親和性を持ち、これらを連携することで両社においてさらなる事業成長が見込めると判断したためです。特に、最新鋭のICTをサービスに取り入れ、新しいプラットフォームを共同で開発・形成することにより、ニチガスの業務効率化とお客様の利便性向上をさらに加速し、新プラットフォームの外販も検討していきたいと考えております。

 昨今の電力自由化に続き、2017年4月からは都市ガスの小売事業も全面自由化され、家庭向けの小売販売では約2600万世帯が対象となり、その規模約2.4兆円の市場が一般事業者に開放されます。エネルギー業界では、価格競争で優位となるコストスリムなオペレーションが求められると同時に、ICTやAI技術の活用が急務となっています。

 メタップスとニチガスは、共同してICTやAI技術を活用した共同の取り組みを進化させ、ガス事業を中心とした公共サービスの分野において、先進的・画期的なお客様向け総合エネルギープラットフォームの構築を進めてまいります。

 今後もメタップスは「世界の頭脳へ」というビジョンと「テクノロジーでお金の在り方を変える」というミッションのもと、積極的な事業展開と革新的なサービスの創出に注力してまいります。


【会社概要】
社名 :株式会社雲の宇宙船(KUMONO UCYUSEN CO., LTD)
設立 :2012年6月15日
所在地:東京都渋谷区代々木4丁目31番地8号
代表者:柏谷 邦彦
資本金:5,000万円
事業内容:システム販売
雲の宇宙船は、エネルギー業界に特化したクラウドによる業務システムで、物流から保安業務、管理業務などを革命的に効率化いたします。

 


【会社概要】
・日本瓦斯株式会社
(英文名 NIPPON GAS CO.,LTD.)
設立  : 1955年7月29日
所在地 : 東京都渋谷区代々木4丁目31番地8号
資本金 : 70億7,000万円
事業内容: エネルギー販売業(LPガス、都市ガス、簡易ガス、電力の販売)

・株式会社メタップス
(英文名 Metaps Inc.)
設立  : 2007年9月3日
所在地 : 東京都新宿区西新宿6丁目8番地1号
資本金 : 93億1,577万円(資本準備金を含む)
事業内容: データ解析によるアプリ収益化プラットフォームの運営、決済事業の運営

 


【本件のお問い合わせ先】 ————————————————————
株式会社メタップス 経営企画部
担当:鈴木 聡子
Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

◆ 株式会社メタップス
スマートフォンの集客・分析・収益化をワンストップで支援する開発者向けプラットフォーム「metaps(メタップス)」と、オンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」を提供しています。メタップスは『コンピュータにあらゆるデータを学習させ、人々の最適な意思決定を支える頭脳になる』ことを目指し、世界8拠点で事業を展開するグローバルカンパニーです。