【レポート】コミック系アプリの分析とマーケティング戦略について

現状では、いまだゲーム系アプリがアプリ市場の中心ではありますが、一部EC系・キュレーション系等のノンゲームアプリも台頭してきており、アプリ市場のチャンスはその領域も多岐に渡り始めています。当資料では、「コミック系」アプリのマーケティングやマネタイズについてお話します。

700万人の香港が13億人の中華圏のアプリ市場の鍵となる?LINE、SEGA、KONAMIの成功例<10月>

香港の人口は約700万人であり、面積は総計1,200k㎡ほどしかありませんが、香港は中国本土と台湾に隣接している場所として中華圏に対する影響力は間違いなく大きく、アプリ市場として要注目のマーケットです。台湾と香港はおよそ800キロ離れていますが、その距離を全く感じさせないほど2つの市場には多くの共通点があります。香港Google Play市場(App Storeは「中国」でカウントされている)の売上は世界Top 10の市場として見逃せない地域ですが、それ以上に香港は、中華圏進出を考えるディベロッパーにとって非常に重要な地域となっています。世界のGoogle Play市場売上で5位に位置している台湾とチャートの相関性が高いという事実があるように、台湾と香港の2つの地域を皮切りにアジアに進出していくことが効果的です。

Facebookアプリインストール広告を配信する際に抑えておきたいポイント<基礎編>

Facebookは、今や日本国内でも最大級のネットワーク規模を誇っており、Facebook(日本)のDAU > 朝日・毎日・日経の部数合計というのは有名な話です。また、実名制で細かなユーザーセグメントが可能なFacebookならではのターゲット配信は、特徴ある属性を求めるアプリディベロッパーにとって、とても画期的な機能を備えた広告媒体であると言えます。今回はその機能の一部と基本的な手法についてご紹介させて頂きます。複雑に思われているFacebook広告の運用が誰にでも出来るものと感じて頂けると思います。

Kakaoに配信しなくてもアプリが売れる時代突入、Clash Of Clansの事例から読み解く韓国市場攻略法

韓国は日本と米国に続き、世界で3番目にGoogle Playの売上が高い国です。さらに韓国はSamsungのホーム市場であり、韓国のスマートフォン市場の9割以上がAndroidOS端末となっているので、市場全体がAndroidに偏っています。そのため、韓国市場はAndroidデベロッパーにとって非常に魅力的な市場と言えます。10月の韓国Google Play売上・無料・新着無料チャートのデータ分析をしました。

「ブレイブフロンティア」がUSでもロングセラー化、カジノアプリ王国アメリカのGoogle Play市場分析<9月>

アメリカのGoogle Play売上ランキングは世界2位の市場として、デベロッパーにとって無視ができない市場です。言葉・文化の壁をすでに破っている日本デベロッパーが増えている中、現在US Google Play市場がどうなっているか、9月の数字を分析してみました。

日本によく似た台湾アプリ市場、LINEゲームが台湾も制覇。SEGA、mixi、GungHoも上位にランクイン<台湾市場9月>

日本のスマートフォンアプリデベロッパーがクロスボーダーで他のアジア市場を狙うことが非常に増えていますが、最近台湾が非常にホットな市場だと言えます。日本のアプリ市場と比較したらどうなるか、9月の台湾のGoogle Playの売上・無料・新着無料チャートを分析しました。

ゲームに続く巨大市場となるか?直近のマンガアプリ市場の分析<マンガボックス・COMICO・LINEマンガ>

2013年まではアプリ市場の収益の8割以上はゲームで支えられていましたが、フリマアプリやニュースキュレーションなど数億円以上の売上が見込めるジャンルが増えてきています。今回は最近テレビCMも盛んなマンガアプリに絞って見て行きたいと思います。

アプリ売上ランキングの中心はカードバトルからロールプレイングへ。スクエニのアプリが急上昇した9月

スクエニのアプリの売上ランキング急上昇が目立った9月。Google Play日本の売上チャートにアプリのランク上昇率とレビュー回答数の上昇率を分析した際に、9月売上チャートに一番急上昇したTop 20アプリをピックアップしました。売上チャート上昇率のTop 20内にはSQUARE ENIXから4タイトルがランクインしています。その中で10位にランクインした「魔法科高校の劣等生 LOST ZERO」は9月4日にリリースされ、新着無料チャートには3位(9月14日時点)まで上昇した人気アプリです。

<7月〜9月>激戦区のニュース・キュレーションアプリの比較<Gunosy、SmartNews、Antenna、Yahoo!ニュース、LINEニュース、NewsPicks>

アプリマーケットの中でも直近で最も盛り上がっているのがニュースのカテゴリです。キュレーション系アプリは大手の参入や大型の資金調達、テレビCMなどで、ダイナミックに市場が変わっています。いくつか主要なプレイヤーをピックアップして、7月から9月で色々な角度から比較してみました。