デジタルガレージとメタップスが提携、合弁会社を設立 スマートフォンアプリ広告事業を展開する「デジタルサイエンスラボ」誕生~広告運用戦略、高度なデータ解析技術、両社の強みを活かした事業を推進~

株式会社メタップス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽、以下 メタップス)と株式会社デジタルガレージ(東証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役グループCEO:林 郁、以下 DG)は、戦略的提携により、スマートフォンアプリの運用型広告を手がける株式会社デジタルサイエンスラボ(本社:東京都文京区、代表取締役:久野 憲明、以下 デジタルサイエンスラボ)を合弁で設立しました。DGのデジタルマーケティング領域における豊富な戦略やノウハウと、メタップスのグローバルでの営業力と高度なデータ解析技術の組み合わせにより、両社の強みを活かしたスマートフォンアプリの広告ソリューションを提供します。    

 

 

メタップスは、アプリの集客・分析・収益化をワンストップで支援する開発者向けプラットフォーム「metaps」を世界中のアプリ事業者に提供しており、東京に加え、ソウル、上海、サンフランシスコ、シンガポール、ロンドンなど、世界8拠点で事業を展開しています。「metaps」を導入したスマートフォンアプリの累計ダウンロード数は20億規模に上り、こうして蓄積した大量のデータを独自の人工知能(AI)技術により解析し、成功要因や課題を抽出することで、高レベルでPDCAサイクルを機能させ、アプリマーケティングの最適化/自動化を実現しています。

今回設立したデジタルサイエンスラボでは、こうしたメタップスのグローバルへの展開力やビッグデータ解析技術と、DGの広告運用戦略やクリエイティブ戦略等の知見を組み合わせることで、既存のセオリーを超える新しい視点や広告効果指標を提供し、より収益性の高いアプリ広告ソリューションを提供することを目的としています。今後は、取扱いメディアの領域拡大や広告商品の新規開発を行い、国内外のクライアントの収益化支援とグローバル展開を支援していきます。


【DGについて】
株式会社デジタルガレージはインターネットサービスにおける投資・育成支援事業、マーケティング事業、グローバルオンライン決済事業の3つの事業に注力しています。1995年の設立以来、ポータルサイト、eコマース、インターネット広告代理事業、モバイルコミュニケーション事業、ブログやSNSなど、常にインターネットにおける最新技術をビジネスとして展開しています。
ホームページ: http://www.garage.co.jp/ja/
Facebook  : https://www.facebook.com/DigitalGarage


【メタップスについて】
アプリの集客・分析・収益化をワンストップで支援する開発者向けプラットフォーム「metaps(メタップス)」と、オンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」を提供しています。メタップスは『コンピュータにあらゆるデータを学習させ、人々の最適な意思決定を支える頭脳になる』ことを目指し、世界8拠点で事業を展開するグローバルカンパニーです。今年2月に総額43億円の第三者割当増資を実施し、シリーズCファイナンスを完了しました。
ホームページ: http://corp.metaps.com/
Twitter   : http://twitter.com/Metaps_PR
Facebook  : http://www.facebook.com/metaps.jp

 

【お問い合わせ】
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。