メタップスのグループ会社Upside、 ブロックチェーンプラットフォームの安定性強化に向けて Dcentyとの戦略的提携を発表

メタップスグループの韓国にあるUpside Co., Ltd.(CEO: Seong-cheol Baek)は、ブロックチェーンプラットフォームの安定性強化に向けて、Dcenty Inc.(CEO:Yong-Dae Kim)と戦略的提携を締結したことをお知らせいたします。




 

 今回の提携を通じて、エンタープライズ向けブロックチェーンであるProofXの開発進めるとともに、ProofXを活用したTSA(※)サービスの開発を進めてまいります。ブロックチェーン技術を活用することで、高いデータ完全性と既存のTSAの弱点を克服するTSAサービスの実現を目指します。
 

※TSA(Time Stamping Authority)とは、電子データの偽造や改ざんを防止するための仕組みを提供するサービスプロバイダーです。TSAは、信頼できる第三者(公認認証機関)として、電子データがある時刻に存在していたことを証明する情報を提供することで、偽造や改ざんの防止を実現します。

  既存のブロックチェーン技術は、処理能力(TPS:Transaction Per Second)が限定的であることから、高性能なブロックチェーンとしてProofXを開発し、ProofXを技術基盤としてブロックチェーン技術向けのTSAサービスを開発していく予定です。ProofXは、最適化された並列処理を実装することで、TPSを向上させて、高性能なブロックチェーンを実現しようとしています。

 

 今回の提携に関して、Upside のCEOであるSeong-cheol Baekは、「Upsideはブロックチェーンをベースにした様々なプラットフォームを創り出すことを目標として掲げており、その観点からもDcentyとの提携は非常に重要であと考えています。Metaps Plusが取得したKYCに関する特許と同様に、セキュリティとブロックチェーン技術の組み合わせには大きな意義があります。Dcentyの技術は、今後の仮想通貨市場に大きな影響を与え、個人情報保護の領域を広げていくでしょう。」とコメントしています。

   

 


■ Dcentyについて
Dcentyは、暗号化モジュールを開発、IoTドアロックに直接適用される製品を開発した韓国のベンチャー企業です。2017年にはK-Global IoT Development AwardとJETS Awardを受賞しています。ProofXプロジェクトは2018年9月に本格始動を予定しております。
https://www.dcenty.com/

 

■ Upsideについて
Upsideは、韓国のフィンテック企業であるMetaps Plus Inc.(CEO:Seung Yeon  Kim)の子会社であり、仮想通貨交換所やTGE(Token Generating Event)代行等の事業を展開する、ブロックチェーンに特化した企業です。