メタップスプラス、「PetCraft」とICOに関する MOUを締結

株式会社メタップスの連結子会社である Metaps Plus Inc.(本社:韓国ソウル 以下、「Metaps Plus」)は、ブロックチェーンゲーム「PetCraft」のICO(Initial Coin Offering)に関するMOUを締結いたしました。

 

 Metaps Plusは、メタップスグループの韓国子会社として、ICOを実施し、仮想通貨取引所「CoinRoom」を運営する他、その実績を活かし、BrylliteやXtock等のグローバル企業に対し、ICOのコンサルタント業務を提供しております。グローバルICO案件第3号である本ICOをきっかけに、Metaps Plusの展開するゲーム関連事業及びブロックチェーン関連事業との更なる相乗効果創出に期待しております。

 暗号通貨/ブロックチェーンにおける投資家には、若年層の男性が多く、ゲーム利用者の属性と類似する点が多くあります。彼らの多くは、ゲームを利用しながら価値を得るだけでなく、同時に楽しさを得ることも求めており、ブロックチェーンゲームはその双方の欲求も満たすものです。


Metaps PlusのCEOであるSeungyeon Kimは、「依然、ブロックチェーン技術の活用方法は確立されていないものの、ゲームとの相性はとても良いと思います。次のDapp革命が起きることでゲーム業界は一新され、その中で「PetCraft」はとても重要なプロジェクトだと認識しています。「PetCraft」とMetaps Plusの協働は、韓国及び日本のゲーム業界において重要な意味があると考えています。「PetCraft」は3Dのブロックチェーンゲームで、複数のブロックチェーンに対応することを見据えています。」とコメントしています。

ゲーム内では、ERC20準拠のPCToken(PCT)を使用可能にするとともに、ゲームキャラクターをERC721準拠のトークンで実装します。「PetCraft」はイーサリアム・ブロックチェーンに限らず、様々なブロックチェーンに対応し、クロスチェーンを実現する予定です。ユーザはPCTを利用し、キャラクターの売買、キャラクター性能の向上、キャラクター同士の交配等が可能です。キャラクターの中には、第22回釜山国際映画祭のオープニング作品でもあり、今年映画化も決定している韓国の人気アニメーション「Underdog」のメインキャラクターも含まれ、「PetCraft」限定キャラクターが登場する他、韓流スターであるEXOのD.O.が主要キャラクターの声優として参加する等、幅広いファン層の獲得を目指しています。また、「PetCraft」は韓国でのローンチを皮切りに、世界各国でサービスを開始する予定です。

 

 

■ Metaps Plus
http://www.metaps-plus.com
Metaps Plusは、2009年に設立した韓国のモバイルフィンテック企業です。国内No.1のアプリマーケティングプラットフォーム「NAS」を提供し、約30万人のユーザが日常的にサービスを利用、年間1億ダウンロードのキャンペーンをサポートしています。同社は、2016年1月にSmartconを買収したことを機に、韓国最大のモバイルフィンテック企業となり、現在はモバイルクーポンプラットフォームも運営、約7,000 社以上の顧客を有します。また、直近では新たに決済サービスを開始し、順調に拡大、現在1,000以上の加盟店が登録しています。

 

 

【会社概要】

会社名:株式会社メタップス(英文名 Metaps Inc.)
設立:2007年9月3日
所在地:東京都港区
事業内容:マーケティング事業、ファイナンス事業、コンシューマ事業
・Website:http://metaps.com/
・Twitter:https://twitter.com/Metaps_PR
・Facebook:https://www.facebook.com/metaps.jp/