メタップス、すべてのフリーランスの方に向けて 働き方の多様化支援プロジェクト 「re:shine(リシャイン)」オープンβ版をリリース

 株式会社メタップス(本社:東京都港区、以下「当社」)は、フリーランスとして活動中の方、これからフリーランスを考えている方を対象とした働き方の多様化支援プロジェクト「re:shine(リシャイン)」のオープンβ版を本日2019年9月20日にリリースし、第一弾としてマッチングをサポートするサービスの提供を開始いたします。

 

<フリーランスの方々へ>
 働き方の多様化支援プロジェクト「re:shine」は、正社員でありながらフリーランスのような働き方を実現し、フリーランスでは積み上げづらい社会的な信用や様々な報酬制度、税率の優遇された退職金制度など、一人ひとりに合った形の働き方が出来る環境を目指したプロジェクトとして立ち上がりました。

 2019年3月29日から「re:shine」参加の事前登録を開始し、当初の想定を超える反響をいただき、2019年5月よりテストマーケティングを実施してまいりました。テストマーケティングを通して、様々な方々と個別にお話をさせていただく中で、独立時の不安、収入や仕事の変動による不安定感や出産、介護などライフイベントによる変化によって、フリーランスとしての仕事が続けにくい状況があることが実態としてわかりました。

 これらの状況を打破すべく、不安を抱えながらフリーランスの道を歩んでいる方やこれからフリーランスになろうと考えている方に向けて、フリーランス向け統合プラットフォームとして「re:shine」をリリースし、今回、第一弾としてマッチングをサポートし、案件を選べるサービスの提供を開始いたします。

 「re:shine」では、「ポートフォリオ」「職務経歴」「スキル」「経験」などをプロフィール登録しておくだけで、企業側からフリーランスや副業者にオファーができ、フリーランスから企業側へコンタクトを取れる双方向のマッチングサービスです。フリーランスや副業者の方々の仕事を探す手間を軽減し、作業や業務に集中できる時間の最大化を図ります。このサービスの大きな特徴として、フリーランスや副業者の方々と企業間の契約は直接契約とし、中間マージンをゼロとすることで、透明性のある取引を実現いたしました。さらにサービス内のすべての機能は無料でご利用いただけます。

URL:https://lp.re-shine.jp/

 

 

 今後も、「re:shine」では様々なサポート体制と、フリーランス型正社員を推進することにより、多様な働き方に合わせた柔軟な環境を創造し、テクノロジーを通して価値ある時間の選択により個人のパフォーマンスが最大化できる未来を目指していまいります。




■働き方の多様化支援プロジェクト「re:shine(リシャイン)」について
これからの時代を生き抜き、様々な働き方を支援すべく、成長する機会と“はたらく”の土台となる環境を「re:shine」の仕組みやサービスを通じて支援してまいります。現在会社員でフリーランスを検討中の方、現在フリーランスとして活動中の方など、個々人に合った“はたらく”の形を創造し、実現に向けてサポートいたします。

 

<特徴>
1、仕事について
確定申告の手間や社会保障など業務外にかかる時間やお金などの負担を軽減し、仕事にかける時間の最大化を可能にします。発生する業務に関しても、正社員同等に裁量を持った関わり方の出来る企業様を優先して工数を確保していくため、自社サービス運用と同等の意識で関わることができます。また、見積り金額に不安がある場合などでも、スキルに応じた市場平均単価など参考情報も公開予定です。適正価格に不安がある場合は個別にご相談も受け付けます。

2、報酬について
「re:shine」では個人のライフスタイルに応じた様々な報酬体系を選択することが可能です。
例: 年棒制、インセンティブ制、賞与還元制、退職金制等

3、成長機会について
これまでに身につけたスキルを時間で販売する中で出てくる自己学習時間や成長機会の減少に対する不安を”チーム”という仮想的な組織を構築することで解決します。勉強会の情報やオフ会などの開催、フリーランスだけではなかなか実現が難しい規模の案件に参加することも可能になるため実務を通した成長機会を提供します。



■「株式会社メタップス」について
会社名 : 株式会社メタップス(英文名 Metaps Inc.)
設立  : 2007年9月3日
所在地 : 東京都港区三田1丁目4番地1号
資本金 : 54億14百万円
事業内容: マーケティング事業、ファイナンス事業、コンシューマ事業

【本件に関するお問い合わせ先】
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。