SAML認証のオープンソースを公開〜SaaS事業者向けの勉強会を7月30日開催〜

DX支援事業を手掛ける株式会社メタップス(渋谷区、代表取締役社長 山崎 祐一郎)は、クラウドサービスへのログイン時に用いられる標準認証規格である「SAML」にSaaS(Software as a Service)が対応するためのオープンソースソフトウェア(以下:オープンソース)を開発し、GitHubで公開しました。7月30日には、SaaS事業者向けのオンライン勉強会も開催します 。SaaSのSAML対応を促進し、利用者のセキュリティ強化を目指します。

株式会社pringの全株式をGoogle International LLCに譲渡

DX支援事業を手掛けるメタップス(渋谷区、代表取締役社長 山﨑 祐一郎)は、本日開催の取締役会において、当社の持分法適用関連会社である株式会社pringの全株式を、Google International LLCに譲渡することを決定しました。

継続利用率99.55%を誇る、ワークフロー業務をスマートにするクラウドサービス「コラボフロー」とSaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」が連携開始

株式会社メタップス(本社:東京都渋谷区)は、SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」がオフィスワークを効率化するクラウドサービス「コラボフロー」とのSAML認証によるAPI連携を開始したことをお知らせいたします。

イベンター・クリエイターの想いを届けるメディア『チケットペイCreators』を開始!~第一弾インタビューは『ニンジャバットマン ザ・ショー』を特集!~

リアル・オンライン両方に対応したチケット販売システム『チケットペイ』を提供している株式会社メタップスペイメント(東京都港区、代表取締役社長 和田 洋一)は、イベンター・クリエイターの想いを届けるメディア『チケットペイCreators』の運営を本日6月24日より開始します。

オープンソース開発で国内のSAML利用を促進〜7月公開予定、利用者のセキュリティ強化に〜

DX支援事業を手掛けるメタップス(東京都港区、代表取締役社長 山崎 祐一郎)は、クラウドサービスへのログイン時に用いられる標準認証規格である「SAML」にSaaS(Software as a Service)が対応するためのオープンソースソフトウェア(以下:オープンソース)を開発します。2021年7月ごろ、GitHubで公開予定です。SaaS事業者がSAML認証に対応するための手間やコストを削減することで、国産SaaSのSAML対応を増やし、利用者のセキュリティ強化を目指します。

「メタップスクラウド」のパートナープログラムを開始~サービス導入拡大に向け提供体制を強化~

DX支援事業を手掛けるメタップス(東京都港区、代表取締役社長 山﨑 祐一郎)は、SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」の導入拡大に向けて提供体制を強化するため、パートナープログラムを2021年6月16日より開始します。プログラムは「リファラル形式」と「セールスパートナー形式」の2つを用意し、併用も可能です。年内に20社とのパートナー契約を目指し、業界や規模、所在地を問わず速やかにサービスを提供できるよう努めていきます。

7月1日に本社オフィスを渋谷へ移転~リモートワークを軸とした「新たな働き方」へ本格的に移行~

DX支援事業を手掛けるメタップス(東京都港区、代表取締役社長 山﨑 祐一郎)は、本社オフィスを2021年7月1日付で「WeWork渋谷スクランブルスクエア」へ移転することを決定いたしました。リモートワークを軸とした「新たな働き方」の実現に向けて、今後も業務のDX化を推進してまいります。