ディベロッパーの株価にアプリのランキング変動と相関性は高いのか?【JPアプリ市場調査】

上場しているゲームアプリのディベロッパーがリリースしているアプリの、アプリ売上チャートのランキングと株価が相関しているかどうか、調査しました。対象地域は日本に絞って、ディベロッパーの選定基準は上場済みでゲームアプリを展開している会社をピックアップしました。

株価変動
東京証券取引所の株価の変動で、dailyの終値の株価の他に、株価移動平均のMA5/MA25/MA75(5日間・25日間・75日間)も付けている
・App Store/Google Play売上チャート順位
対象期間中にApp Store/Google Playの売上チャートにランクインした場合の順位変動
・収益予測
ランキングから独自の計算で割り出した相対的な収益の予測

マーベラス

ヒットアプリ「剣と魔法のログレス いにしえの女神」が去年の7月に初めてApp Store/Google Playの両売上チャートのトップ10にランクインして以来、ずっと上位にランクインをし続けています。

ガンホー

過去2年間ほどパズドラは日本のApp Store/Google Play売上チャート首位をほとんど独占するほど長期上位にランクイン中です。

コロプラ

日本ディベロッパーの中で、自作のクロスプロモーションでは、コロプラを上回るディベロッパーがおそらく無いほど、同時にApp Store/Google Playの両売上チャートに複数タイトルを同時にランクインすることができています。「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」「白猫プロジェクト」「プロ野球PRIDE」などが上位にランクイン中のゲームです。

KLab

現在、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」が両チャートの上位にランクイン中でかなりヒットタイトルになっています。

ミクシィ

日本国内のSNSサービス「mixi」で2000年代に売上を拡大しましたが、アプリのディベロッパーとして2013年にリリースした「モンスターストライク」がヒットアプリになり、売上を大きく回復させ、株価も復帰しました。

 

ランキングと株価の相関性

上記調査対象5社の結果を見て、売上チャートのランキングによる相対的な収益の予測(MA75)と株価の移動平均(MA75)に相関性があるかを分析しました。

実際5社中3社に強い相関性が無かったという結果になったので、一概にランキングと株価に強い相関性が無いという結果になりました。もちろん、たくさんの原因で株価が左右されますが、必ずしもヒット作が出るからと言って、株価が上がるわけでも無いようです。

 

Metapsではアプリストアや様々なデータを解析して、アプリのマネタイズをお手伝いしています。より詳細な情報をご希望の場合はお問い合わせください。

https://analytics.metaps.com/
ご連絡: お問い合わせフォームへ